unnamed_20210521105117928.jpg img20210823104238763043.jpg img20210816105036473414.jpg

 

CONCEPT

コンセプト

水の生まれる郷から、
最高のビールを。

世界最大級の大きさを誇る阿蘇カルデラ。阿蘇の峰々に降り注いだ水がゆっくり時間をかけて伏流水となります。阿蘇五岳をはさんで南側に位置する南阿蘇は「水の生まれる郷」のキャッチフレーズ通り、日本名水百選の白川水源をはじめ多くの湧水地に恵まれています。ひとつの地域で軟水、硬水の両方の水質を有するのは全国的にもたいへん珍しく、ビールづくりを行うには奇跡のような場所です。

わたしたちの取り組みは、この南阿蘇の豊かな水資源を活用して、世界農業遺産に認定された阿蘇の農業活動を基軸に、循環型農業や農福連携による農産物の原料を使用していくこと。この美しくかけがえのない阿蘇の自然の恵みを生かしたビールづくりをめざします。

熊本地震から5年を迎え、待ち望んだ新阿蘇大橋が開通しました。阿蘇の峰々のようにさまざまな人たちと連携して、このビールが地震復興の一助となれば幸いです。

PRINCIPLE

美味しさの3原則

BLESSINGS OF NATURE

CRAFTSMANSHIP

阿蘇山

現在も噴煙を上げる中岳をはじめ、高岳、烏帽子岳、杵島岳、根子岳の五岳を総称し「阿蘇山」と呼んでいます。阿蘇の峰々に降り注いだ水がゆっくり時間をかけて伏流水となり美味しいビールのもとになります。

STICK TO WATER

CRAFTSMANSHIP

白川水源

水の生まれる郷として知られる南阿蘇村の中央を流れる清流白川の総水源「白川水源」。長い年月をかけて阿蘇の岩盤を浸透したミネラル分豊富な白川水源水は、ビール醸造に最適な水質を備えています。

USE THE LOCAL MATERIALS

CRAFTSMANSHIP

南阿蘇のお米

世界農業遺産に認定された南阿蘇の農業活動。南阿蘇の豊かできれいな自然湧水が育んだお米を、ビールの原料の一部に使用しています。

PRODUCTS

「メイド・イン・阿蘇」のフラッグシップ

金色に輝く阿蘇山をイメージしたブロンドエール。

阿蘇ブロンドエール / 600円 税込

 
【ビアスタイル】アメリカンブロンドエール
【原料】麦芽・大麦・米・ホップ・白川水源水
【容量】330ml】
【アルコール度数】5%
【IBU】20
【飲み頃温度】5℃
【特徴】野焼き前の金色に輝く阿蘇山をイメージした阿蘇ブロンドエールは、シンプルで繊細な中にホップの魅力が凝縮された逸品です。程よい苦味でのどごしが良く、グレープフルーツを思わせるカスケードホップの華やかでフルーティ香りが特徴です。何杯飲んでも飲み飽きない、女性にもオススメのドリンカビリティ豊かなビールをお楽しみください。
 

SHOP LIST

販売店

COME ON!

MINAMIASO

みなみ阿蘇ビール 直売所

住所:〒869-1412
熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石2807 商工ブースB室
営業時間 : 10:00~17:00
定休日:平日不定休
電話 : 080-1731-8082

【熊本県阿蘇郡】

道の駅 あそ望の郷くぎの
住所:〒869-1412 熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石2807
営業時間:物産館 9:00~17:00
     レストラン 10:00~17:00
定休日:第2水曜日(休館日の無い月、臨時休館の場合も有り)
電話番号:0967-67-3010

【熊本県阿蘇郡】

井手商店
住所:〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽4314-5
営業時間:10:00~19:00
定休日:日
電話番号:0967-67-0059

【熊本県阿蘇郡】

株式会社阿蘇ファームランド
住所:〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5579-3
電話番号:0967-67-3900

【熊本県阿蘇郡】

株式会社阿蘇ナチュラル・ジェイファーム
住所:〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽80-13
電話番号:0967-67-4186

【熊本県阿蘇郡】

自然庵
住所:〒869-1502 熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川2096-1
電話番号:0120-41-3283

【熊本県阿蘇郡】

山村酒店
住所:〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町高森1316
電話番号:0967-62-0149

【熊本県熊本市】

アカツキ酒店
麻生田店、菊陽店、長嶺店、上熊本店、保田窪店

CONTACT

販売店様募集中!お問い合わせはこちらから

MAIL US!

  


『#みなみ阿蘇ビール』『#阿蘇ブロンドエール』をつけてFacebook、Instagram、Twitterに投稿。
あなたの「美味しい!」をお待ちしております!